カテゴリー「技術・技」の22件の記事

2017年6月29日 (木)

出石の伝統工芸・・・柳こおり・・・

出石の見事な酒蔵の土壁は、昨日アップしましたが・・・

Izu6221_2

その前の「柳こおり」の店・・・今はもう少なくなり、古いものを補修する技術者はここだけらしい!

Koori6221

テレビなどでも紹介されているお店ですね!

Koori6222

ここのドクターバックやバスケット・・・見事ですよ!

注文から1年は待たないと駄目らしいけれど!

Koori6223
先代が作ったバスケット(非売品)
細かい仕事で綺麗ですね。

Koori6224
明治のパリ万博に出品された写真
入れ子のこおりが目立つ!

こんな技術が伝承されていく・・・大切な事だと思いますね!

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月24日 (金)

WEBマガジン「houzz」の記事・・・久住左官・・・

「もやい建築事務所」も紹介されている
・・・世界の建築・インテリアのWEBマガジンの「houzz」

そこに、「もやい」も現場でお世話になった世界で活躍する淡路島の「久住直生左官」
インタビュー記事が掲載されています。

Han1314

姫路の「版築の塀」

5

たつの市「楓舎」

8

10

上:水ごねの壁)濃紺と白土塗

13
イタリア磨きの壁・天井

久住直生左官の紹介

https://www.houzz.jp/ideabooks/56650595/list

久住左官の作品紹介

https://www.houzz.jp/projects/1167279

・・・「もやい」設計・監理した「土間のあるfuハウス」も紹介されています。

Fu1
土間のあるfuハウス

Fu12
地層仕上げの壁

・・・「houzz」「もやい建築事務所」ページは
https://www.houzz.jp/pro/moyai-architect-studio

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月 1日 (水)

柱と梁補強・・・木と鉄・・・

施工中の現場

柱の継ぎ方と鍛鉄梁補強をしています。

Hari1281

柱は金輪継という伝統的な難しい仕口です。

Hari1282

1本の新しい材を利用しても良かったのですが、お客様の希望で古材を使いました。

Hari1283
欠かれていた部分はワザと抜いて、軽く見せていますが、強度は大丈夫です。

Hari1284

Hari1285

Hari1286
結構、良い味が出ています。

梁は以前にリフォームされた時に切り込まれていたのですが、ここは、あえて「鍛鉄」で補強しました。

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月29日 (日)

伝統的技法・・・金継・・・

室町・桃山時代から続く伝統的な技法「金・銀継ぎ」

欠けた茶碗や器を、を使って、金銀を上にのせて・・・

Kin1231
金継をした器達


漆を塗って乾燥させて、砥石で砥ぎ、また塗って、磨いてを繰り返し、

・・・最後に「金・銀」で塗る!・・・10数工程かかる、手間暇と技が必要な継ぎ方です。

Kin1233
落として完全に割れた蓋・・・大切な記念だったとの事で
依頼を受けて・・・

Kin1232

見事に器が復活します。

・・・大切なものを、大切に使う!・・・大事な事です。

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月16日 (日)

お茶の友・・・和菓子・・・

抹茶を頂く時に、必ず出て来るのが・・・和菓子・・・

生菓子、お干菓子など様々ですが・・・

今迄出会った秋の和菓子達です。

Aki9221
秋の里山の風景

Aki961

洋菓子と違い、淡い色合いの季節感は洗練されていますよね!

Kasi8181
柿・栗・きのこのセット・・・東京のお土産で頂いた。

Syo9265
柿・・・ヘタは本物・・・明石大栄堂

Nisinai10210
柿(里の秋)・・・和田山

Oi11123
京都・老松?かな

Oo92212
徳島名産・・・さお鹿

・・・体調の事もあり「甘い物」・・・控える毎日ですが・・・

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月25日 (日)

金継完成・・・唐津焼の徳利・・・

いつもお世話になっている裏千家茶道の「壺中庵」

Kotyukake111202
大先生から依頼を受けた唐津焼の徳利が欠けたもの・・・金継で直しました。

Karatu4

先端が欠けていたので、先ずは削り、表面を整え・・・

Kin9141


その上にを何回か塗るあげて、形を整え・・・

Kin9142

Kin9144

Kin9145

最後に金をのせました。

Kin9201

Kin9202

Kin9203

Kin9204


・・・もう一つ、土味の建水

Kin9205

Kin9206


落として割れていたものを、土味を活かして、漆に顔料を混ぜて共色で修繕しました。

思いで深い物を大切に使う!・・・また違う味があり良い事ですね!

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月15日 (木)

茶道具を修繕する「もやい」・・・茶箱・・・

「もやい」がいつもお世話になっている裏千家茶道の「壺中庵」

Sanjyu443

先生から、コンパクトにお点前をする「茶箱」の修理の依頼を受けました。

屋久杉杢目の綺麗な茶箱です。

Tyabako1
屋久杉杢目の綺麗な茶箱です。

Tyabako2
茶筅や茶巾を入れる筒・茶杓・香合もセットです。

Tyabako3

一部が欠けて使えない様になっていました。

事務所にストックしている杉の薄板を削り、修繕しました。

Tyabako971
杉板を薄く削って(約3ミリ弱)厚さを合わせ、

Tyabako972
欠けた部分を残し、その曲線に合うように杉板を加工

Tyabako973
両サイドを竹釘で止める

Tyabako974
竹釘は自作して

Tyabako975
3ミリ弱の杉板に止める

Tyabako976
ペーパーで削り、パフで砥ぐ

Tyabako977
継ぎ目には、杉板の粉を作り、接着剤と練って詰める

Tyabako978

Tyabako979


仕上げは、柿渋で古色して完成です!

Tyabako9101
出来上がり

Tyabako9102

Tyabako9103
中棚、蓋が閉まるかチェックして・・・

Tyabako9104

・・・細かい細工ですので、結構大変な作業でしたが・・・

どうにか出来ました。

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月14日 (水)

大切に使う・・・金・銀継・・・

千利休が良く用いた金継の技法

割れた茶碗や器にを塗って、金・銀で継ぐ伝統的な技法です。

Kin286263
京焼の茶碗・・・大切な人から送られたので修理をと・・・

Kin286262

Kin2


思いで深い茶碗、珈琲カップを金継で修繕しました。

Karatu2
唐津焼の徳利・・・お茶の先生からの依頼で
時間がかかりそうです。

Karatu4

大切なものを大事にする・・・良い事ですね!

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月10日 (土)

職人シリーズ・・・左官研ぎ出し・・・

「もやい」の現場で活躍する「職人さんシリーズ」

今回は左官屋さんの研ぎ出しです。

0001
たつの市「楓舎」の浴室のピンクの研ぎ出し

038
カナリヤ色の研ぎ出し(姫路の中庭を囲む家)

Saka82110

・・・昭和には石が高くて、人造石と言われていた手法です。
ただ、石と違い、大きな面でも目地を取らずに施工可能ですので、「もやい」が好きな仕上げの一つです。

Saka8193
塗りつけ

Saka8195
押さえ

Saka8194_2
板を使い石が平均的に行き渡る様にする。

Saka8212
乾燥を待って研ぎ出す。

Saka8214
研ぎ出し開始

Saka8215

埃だらけで研ぐ

Saka8213
微調整をしながら研ぐ

Saka8216
水を流し、仕上がりをチェックしながら研ぐ

Saka8217

Saka8218
ほぼ完成

Saka8219
深みのある仕上がりです。

Saka82111


・・・しかし、以前は砥ぎ屋さんと言われている職種があったのですが、今はなく、左官屋さんでも出来る人が少なくなっています。

貴重な職人さん達ですね!

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年5月 8日 (日)

木工「えらむ」・・・展示会・・・

「小野の平屋建て」にお伺いした時に、

Bo532_2

近くの木工作家・田中陽三さんの「エラム」にお伺いしてきました。

Era530
えらむさんの工房・・・気持ちよい所です。

展示会開催中で、木工品と奥様の布の作品を拝見してきました。

Era531
2階の展示スペース

Era533
窓から緑が

Era532

ワークショップで、クロモジの楊枝と裂き織をされていて、体験されていましたよ!

Era535

「もやい」のお向かいの「古民家生活大好きな若いご家族」の奥様も同行して、熱心に作品を物色されていました。

Era534

・・・私は、その間に近くの池の土手で「山菜」を・・・

Era536

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|