「和田山の数寄屋」・・・外部

  • 037
    30坪の裏千家茶道の空間をもつ「数寄屋建築」 大きな甍屋根と低い軒 瀟洒な佇まいの建築です。

「和田山の数寄屋」・・・茶事空間玄関他

  • 024
    30坪の裏千家茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 茶事空間の玄関・水屋・茶懐石用のキッチンなど。

「和田山の数寄屋」・・・小間(四畳半茶室)

  • 023
    30坪の裏千家茶道の茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 メインの四畳半小間の茶室です。 裏千家今日庵の「又隠」をイメージして造り込んでいます。 落ち着いた茶室になりました。

「和田山の数寄屋」・・・広間

  • 018
    30坪の裏千家茶道の茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 8畳台目の広間です。 炉を3か所切っており、色々なお手前に対応出来る様になっています。

「和田山の数寄屋」・・・露地

  • 038
    30坪の裏千家茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 茶室にアプローチする露地です。

「和田山の数寄屋」・・・住宅部分

  • 032
    30坪の裏千家茶道の茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 オーナーの住宅エリアです。

「和田山の数寄屋」・・・茶会の様子

  • 028
    30坪の裏千家茶道の茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 そこで行われた「茶会」の様子です。

高砂の家

  • 057
    建て替えた「高砂の家」 書をされている建築主のご希望に沿った「和のデザイン」の家となりました。

姫路の家

  • 035
    野趣ある中庭を囲んだ家(母屋・息子さんの家「姫路の家・2」・娘さんの家「姫路の家」) シンプルな和風の家が出来あがりました。

姫路の家・2

  • 0007
    野趣ある中庭を囲んだ「姫路の家・2」と「姫路の家」

明石大久保山手の家

  • 038
    明石大久保山手に造った「土と漆喰・自然素材」で造った大開口のデッキのある「心地よい住まい」です。

小野の平屋

  • 006
    2200㎡(≒660坪)の土地に平屋建ての家 緑に囲まれたワンルーム形式の住まいです。

姫路の庭

  • 047
    門・車庫・塀・東屋・アプローチ・造園工事をした「姫路の庭」 大きなギンモクセイを活かして計画しました。 野趣に富んだ良い庭が出来あがりました。

稲美町の庭

  • 010
    稲美町の裏千家茶道を教えておられる先生のアプローチを 既存の石、蹲を使ってリノベーションしました。 ・・・素敵な露地が完成しました。

奈良・桜井市の明治の古民家

  • 071
    奈良・桜井市の明治の古民家を体験型ギャラリーとしてリノベーションしました。 明治時代に建てられた大きな古民家です。 明日香村にも近く、長閑な地域に位置しています。 海外の方を含めて、日本の文化を体験出来るギャラリーとして再活用されます。

加古川の平屋リノベーション

  • 001
    奥様の実家の平屋をリノベーションしました。 昭和50年代に増築された2階建部分を減築して、明るく風通しの良い「住まい」です。 今迄の履歴をなるべく残しながら、使える建具などを再活用しています。 今は製造されていない「明石瓦・塩焼き瓦」を葺いた屋根は、なるべく残しています。 お客様には「見違えます」と大変喜んで頂いています。

古民家リノベーション

  • 0290
    「もやい」建築事務所が担当した「古民家」のリノベーションの 作品の一部です。 時を経て、良い素材で建てられた「古民家」と出会う事は、楽しいものです。 そんな「古民家」が、新しく生まれ変わり、引き継いで行けたらと 考えながら仕事をしています。

兵庫の古民家「あさの水車」

  • 051
    神戸市兵庫区六甲山麓に建つ昭和初期の古民家を 「あさの水車」として再生しました。 現在は「古民家のカフェギャラリー」として再活用しています。

伊保の古民家再生

  • 0075
    築80年の兵庫県高砂市伊保町の古民家を再生しました。

姫路の古民家再生

  • 037
    お客様のお父様の生家を(かなり傷んでいましたが・・・)再生利用しようと言う事になり、基礎補強・軸組み補強をしながら再生しました。

民家リノベーション

  • 0629
    「もやい」が設計・監理した「民家のリノベーション」の実例です。 ここでは、主に「1950年代以降の民家」を紹介しています。 それ以前は「古民家リノベーション」をご覧ください。

播磨町の民家リノベーション

  • 044
    昭和50年代の平屋の民家のリノベーション 内部の大部分の壁・天井・床の解体をご夫婦がセルフで行い、コストダウンを計りました。 4人家族の「住まい」です。

小野の民家リノベーション

  • 003
    小野市の民家をフルリノベーションした事例です。 階段を掛け替え、水回りを変えた親子4人の「住まい」です。

神戸垂水マンションリノベーション

  • 047
    神戸市・垂水区の古いマンションをリノベーションしました。 キッチン等の水回りを大幅に変更して、無垢材・漆喰・珪藻土で仕上げました。 シンプルで気持ちの良い室内空間になりました。

押部谷の民家

  • 002
    神戸市西区押部谷で平屋の民家を若いご夫婦の「住まい」としてリノベーションしました。 ローコストを追求したリノベーションです。

小さな工事いろいろ例

  • Zatu097
    「もやい」が今まで培ってきた、自然素材、無垢材、土、健康、環境、心地よいものを、テーマにどんな小さな内容でも、相談や工事を承ります。 価格の透明性を大切にして、考えています。 ご気軽にご相談ください。

もやいの「介護・バリアフリー」関係

  • 014
    「もやい」が担当した「介護やバリアフリー」・「高齢者施設」に関するコーナーです。 ・・・手摺・段差解消などから高齢者施設の工事までを紹介しています。

もやいの作品・1

  • 0008
    もやい建築事務所の作品を紹介しています。       詳しくは、おススメサイトの「もやい建築事務所」 のホームページをご覧下さい。

もやいの作品・2

  • 044
    もやい建築事務所の作品を紹介しています。

土の作品:1

  • 016
    「もやい」が製作している「土の作品」をご紹介します。

土の作品:2 建築にまつわるもの

  • 0006
    作品:2では、土の建築にまつわる作品を集めています。 土と建築のつながりをご覧ください。
無料ブログはココログ

カテゴリー「伊保の古民家」の41件の記事

2012年1月 6日 (金)

「伊保の古民家再生」・・・お正月・・・

昨年の8月に完成した「伊保の古民家」に伺ってきました。

新年早々でしたが、感想はやはり「広い」

そして玄関・座敷と「ハレ」の場は良いですね。

Kawa24141
京唐紙を貼った座敷の床の間

Kawa24143
南の縁側の陽だまりは心地よかった!

お客様の趣味の自転車2台収容しても余裕の玄関。
スッキリした座敷回り。

実に「力」のある古民家です。

お客様も初めてのお正月を快適に過ごされたとの事で何よりです。

今回採用している土壌蓄熱の暖房システムも威力を発揮しています。

Kawa24142
古材を利用して造った棚


「寒い!隙間風一杯」という今迄の古民家から、お客様のライフスタイルに合わせたリノベーションは可能です。

・・・「伊保の古民家再生工事」は12月9日発売された
雑誌「古民家スタイル:16」に紹介されています。

http://kyo-moyai.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-7d1f.html

・・・書店でもご覧になれますよ!・・・

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングUPあと少し!1日1回ポチッとクリックして下さいね。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

2011年12月12日 (月)

「伊保の古民家再生工事」・・・雑誌に掲載されています・・・

「もやい」が設計・監理した「伊保の古民家再生工事」

12月9日発売の「古民家スタイル・16」に紹介されています。

Kominnkahon
古民家スタイル:16の表紙

Kominkasutail1
紹介されているページ

Kominkasutail2
内容が詳しく紹介されています。
書店でご覧ください・・・良かったら買って下さいね!

完成から約半年!
お客様は自分たちのライフスタイルに合わせ「心地よく」住まわれています。

「伊保の古民家再生工事」の写真は
http://kyo-moyai.cocolog-nifty.com/photos/iho/index.html

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングUPあと少し!1日1回ポチッとクリックして下さいね。scissors

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

2011年11月10日 (木)

「伊保の古民家再生」:その後・・・雑誌用の写真撮影・・・

8月に「もやい」が設計・監理して完成した高砂市の「伊保の古民家再生工事」
今回雑誌に紹介される事になり写真撮影をさせて頂きました。
少しずつ、少しずつ客様のライフスタイルあった「すまい」になって行くのを拝見する事は楽しいですね!
Iho1131
玄関ホール・・・自転車も余裕で!土間は土のたたき風仕上げ
Iho1132
ダイニングとキッチン
Iho1133
8帖+8帖の座敷・・・ハレの場として
Iho1134
撮影を見るお客様ご夫婦・・・広いな!
Iho1135
座敷に続く寝室
Iho1136
座敷とリビング
Iho1137
寝室から座敷を見た所です。
Iho1138
左官の研ぎ出し仕上げの天板からみるダイニングとリビング
Iho1139
寛がれるお客様
Iho11310
厨子2階・・・一段上がった所は将来お子さんの部屋に
Iho11311
御主人の書斎から玄関を見た所です。・・・玄関広い!
Iho11312
左官研ぎ出しの洗面台

発売されればブログで紹介しますので本屋さんでご覧ください!
お客様もきっと良い記念になると思います。

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングUPあと少し!1日1回ポチッとクリックして下さいね。happy01

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

2011年8月13日 (土)

「伊保の古民家再生」:番外編1・・・京唐紙を貼る・・・

お客様の引っ越しが終わった「伊保の古民家再生工事」
奥様念願「京唐紙」が入荷しましたので座敷の床の間回りに張りました。
受注生産品ですので、引き渡しには間に合わなくて後日の施工になりました。
・・・本当に奥様が待ち望んでおられました。
平安時代から続く「版木の模様」は「鉄線」を選ばれていました。
注文してから京都の唐紙屋さんで制作して約2ケ月!
「浅葱色の鳥の子和紙に金の鉄線」

事前に和紙の袋貼りは表具屋さんにして頂いていたので午前9時から唐紙を広げて作業スタートです。Kawa891
注文していた「京唐紙」
Kawa892
奥様は座敷の前室のちゃぶ台から監督です。
Kawa893
丁寧に唐紙を貼る表具屋さん
Kawa894
違い棚の複雑な部分もgood!模様がしっかり合っています。

寸法を測り、柄合わせを考えて裁断して貼り付けです。
一つ一つ確認しながら床の間、床脇の違い棚、袖壁と慎重に貼って行きました。
表具屋さん、3人で午後7時まで作業です。
その間奥様うっとりと座敷のちゃぶ台で作業見学です。
実に熱心に!
Kawa895_2
完成した床の間周りの「京唐紙」
Kawa896
光により微妙に変化する「京唐紙」
Kawa897
上品で一段と素敵な座敷になりました。


完成して更にウットリ!
「今日はここで寝ます!」と「京唐紙の鉄線」との
添い寝宣言でした。
本当に本当に満足して頂きました!

後はメンテナンスを含めて末長くお付き合いです。
よろしくお願いします。
「もやい」に設計監理を依頼して頂きありがとうございました。

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングUPあと少し!ポチッとクリックして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

2011年8月 5日 (金)

「伊保の古民家再生」:26・・・WEB内覧会・・・

「伊保の古民家再生工事」の竣工写真をUPしました。
ご覧ください!
WEB内覧会です!
左サイドバーの「伊保の古民家再生工事」クリックして下さい!

見学希望の方はメール下さい!
お客様のご厚意で見学も可能です!
8月9日は京唐紙を貼っているので良いかもしれませんね!

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングをUPしてあげようと思う方はここをクリックして下さい。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2011年8月 4日 (木)

「伊保の古民家再生」:25・・・無事竣工しました・・・

3月に着工した兵庫県高砂市「伊保の古民家再生工事」が無事竣工しました。
工事を担当して頂いた職人さん達・工務店さんご苦労様でした。confident
お客様お待たせ致しました!happy01

先ずは完成写真の一部公開です!
002
リノベーション後の玄関
Gen3
改修前
004
アルミサッシから木製格子戸に
005
両引き建具にしました。
008
吹抜けにした玄関ホール
007_2
玄関見返しです。土間は土(もやいオリジナルたたき風)
014
玄関ホールから座敷を見た所です。
Gen5
改修前の座敷
015
座敷です!襖は(サザエさん家風の和紙貼りに)
016
奥の紺の襖がある所が寝室です。
017
床脇に違い棚を設けました。
地袋にエアコンが入っています。
残念ながら京唐紙はまだです。
制作が間に合いませんでしたbearing
Gen6
以前の床回り
019
書院は障子にしました。
以前は硝子障子でした。光の柔らかさが違います!
021
南側縁側は全て木製建具に変更しました。
フルオープン出来ます。
023
寝室から座敷を見た所です。
風通しは抜群です!
027_2
座敷からダイニング・キッチンを見た所です。
029
キッチンです。古材を利用して天板は左官の研ぎ出し仕上げです。
030
北側縁側との境は障子に!引込でオープンに出来ます。
032
リビングから座敷・玄関方向を見た所です。
033
手前が流し・奥にIHと小さなサブシンク!
034_2
キッチンからリビングを見た所
奥が北側の庭・障子はオープンにしています。
035
キッチンから洗面室へ
040
洗面室とトイレ・・・ここにも古材
洗面シンクは左官の研ぎ出し
042
洗面から勝手口へ
勝手口の扉は蔵の引戸を利用しています。
043
北側縁側・手前右の障子で閉じる事が出来ます。
044
2階3室を見る!手前の部屋が「青空漆喰」を塗った部屋!
Gen8
改修前・・・梁に白いペンキ?
045
天井は杉板を貼りました。
049
古い建具は殆ど再利用しました。
高さが173㎝から200㎝に嵩上げしています。
050
南側縁側・・・アルミから木製建具に替えました。
この時は全て引込、網戸の状態です。
Gen2
以前の縁側です。

概略はこんな感じです!
古民家ならではの雰囲気を醸し出しています。
詳細は・・・左サイドバー「伊保の古民家再生工事」でご覧ください。
お客様!大変永らくお待たせ致しました。
これから古民家暮らしをお楽しみ下さい!happy01

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングUPあと少し!ポチッとクリックして下さい。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2011年8月 1日 (月)

「伊保の古民家再生」:24・・・完成前夜は?・・・現場はラッシュ!

竣工を明日に控えた「伊保の古民家再生工事」の現場の様子です!
大工さんが予定より大幅に工数が掛った為(それだけ手間暇かかる内容が多いという事ですが・・・)最後の一日はすごい追い込みでした

朝6時から設備やさんの器具取付
7時から洗い屋さんの洗いとワックス掛け
8時から電気屋さんの器具・プレート取付
8時から建具屋さん木製建具搬入と吊り込み
8時から塗装屋さん木製建具の塗装
エアコン屋さんのエアコン取付
昼からは畳の搬入
と残工事を一挙に詰めました!

Kawa7281
塗装屋さんは玄関周り腰板(ヒバ)の柿渋塗装中
Kawa7280
座敷は朝は畳・襖が入って無い状態!
縁側建具もまだ!
Kawa7282
畳・襖搬入!
Kawa7283
西側通路では塗装屋さんが搬入された木製建具の塗装
Kawa7284
洗いやさんは柿渋専用のワックス掛け
Kawa7285
建具屋さん・・・姿見付きの扉の加工
Kawa7286
搬入された襖の吊り込み・その横で吊り込まれた建具の塗装
Kawa7287
リビングに立てかけられた木製建具・・・塗装の順番待ち
Kawa7288
玄関格子戸も吊り込み完了
Kawa7289
地袋の襖を切り込む建具屋さん
総勢・・・8人
Kawa72810
一松模様の襖の切り込み
Kawa72811
昼間に入った書院の障子
Kawa72812
リビングと北側縁側の境の障子
搬入→切り込み→塗装→持ち帰り和紙貼り→搬入・吊り込み
ハードでした!
Kawa72813
夕方から翌日まで左官屋さんの親方はキッチン天板をせっせと研ぎ出し中
Kawa72814
木製ペアー硝子建具の真鍮レール
固定した釘を扉がスムーズに動く様に1本ずつ削って凹凸をなくします。
Kawa72815
以前からあった硝子障子の高さを173㎝→200㎝に嵩上げしました。
切り込み塗装
Kawa72817
工事の最中にこの古民家をお客様に売られた「明石屋不動産」の社長とスタッフの方が見学に来られました。
Kawa72818
2階で記念撮影です!

「もやい」も朝から現場に張り付いて進行を見守ります。

塗装屋さんは次から次に運び込まれる木製建具の塗装に追われます。
塗った木製建具は建具屋さんが持ち帰り障子紙を貼ってもう一度現場に持ち込み吊り込み
・・・という状況でタイトに進行して行きました。
現場の状況は写真を見tれ頂ければ一目遼然です。
バックが明るいうちから暗い夜まであります。

・・・そんなこんなで完成したのはあくる朝!
職人さんは最後まで大奮闘です!
本当にご苦労様でした。
これでお客様も引っ越し出来ますねcoldsweats01

次回はいよいよWEB内覧会です!
お楽しみに!

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングUPあと少し!ポチッとクリックして下さい。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2011年7月30日 (土)

「伊保の古民家再生工事」:23・・・左官完了・・・

完成まで後一歩の「伊保の民家再生工事」
お客さまの引っ越しも決まり、最終の追い込み工事です。
木工事の後の左官工事・・・珪藻土塗り・土塗り・研ぎ出しも無事終了しました。
Kawa7261
キッチン・リビングの雰囲気が見えてきました。
Kawa7262
塗装屋さんは黙々と柿渋を塗っています。
Kawa7263
建具屋さんは引込建具の甲丸レール取付です。
Kawa7264
木製雨戸の建て合わせです。
Kawa7265
襖の建て合わせ中
Kawa7266
京唐紙をはる床の間周りには和紙の下張りが完了しました。
袋貼りという手法で半紙大のの和紙を貼っています。
Kawa7267
左官屋さんは玄関土間の土仕上げです。
Kawa7268
南側縁側の木製建具
Kawa7269
完成した玄関の土塗り
Kawa72610
北側縁側の木製雨戸
Kawa72611
左官屋さんの土用の鏝・・・使い込んですり減って来ています!
こんな左官屋さんが良いですね!
Kawa72612
玄関ホールには耐震補強を兼ねた格子の梯子が・・・
多目的に使います!筋トレ!小物飾り!梯子!
Kawa7271
玄関土間の間接照明取付中!
Kawa7272
床脇の棚と下部はビルトインのエアコンが入ります。
Kawa7273
洗いやさんは梁・天井の洗い中です。
Kawa7274
左官屋さんの親方は外部の塀の仕上げ?
洗いだし仕上げの為に吹付け塗装をしていた為安けなくなって雰囲気を壊していました。
そこで塗装を落とす為に研ぎ出しています。
Kawa7275
塗装をはがして研ぎ出すと・・・やはり良い!
持った無い事をしますね!

いよいよ完成まで秒読みの段階です。
最後まで「気を抜かないでお客様の笑顔の為に!」と思いせっせと現場通いの毎日です!
もう直ぐです!WEB内覧会をお楽しみに!

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングUPあと少し!ポチッとクリックして下さい。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2011年7月27日 (水)

「伊保の古民家再生工事」:22・・・完成に向けてお客様の最終確認・・・

もう直ぐ完成の「伊保の古民家再生工事」
お客様に完成前の最終確認をして頂きました。Kawa7230
座敷と南側縁側・・・壁・畳・京唐紙・木製建具はこれから
Kawa7231
仕上げを待つばかりの座敷
Kawa7232
座敷とリビング 奥が寝室
Kawa7233
リビングと北側縁側
Kawa7234
床の間周りに京唐紙が貼られるのを楽しみにされているお客様です
Kawa7235
キッチン周り
Kawa7236
職人技が大好きな奥様は左官屋さんの仕事ぶりを写真に!
左官屋さん・・・皆に見つめられて緊張!

現場の状況は
2階は洗い工事、建具の吊り込み、床のワックス掛けを残すのみ
1階は左官屋さんが壁塗り最中ですが、ほぼイメージをつかんで頂ける段階です。
設備器具付け、照明器具付け、床の塗装、木製建具、洗い工事は残っていますが・・・
Kawa7237
2階のチェックをして頂きました。
手前の部屋が「青空の漆喰」を塗った部屋です。
Kawa7238
ご主人の書斎、玄関を見降ろされています。
Kawa7239
奥様が・・・しっかり立てる!
ご主人は上の写真の通り・・・頭を下げて!

施工関係者の皆さん!
ゴールは目の前!最後のラストスパート!ファイト!

この機会に奥様が購入されたタオル掛けや包丁掛け等の小物類の設置位置も確認して頂きました。

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングをUPしてあげようと思う方はここをクリックして下さい。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2011年7月24日 (日)

「伊保の古民家再生工事」:21・・・完成に向けての現場は・・・

完成を真近に控えている「伊保の古民家再生工事」
左官屋さん・塗装屋さんが1.2階に分かれて追い込みにかかっています。
Kawa7201
古材を利用したキッチン
左官屋さんの研ぎ出し仕上げを待っています。
Kawa7202
お客様が「青空漆喰」を塗られた部屋
床も塗装が仕上がっています。
Kawa7203
書斎コーナーでは電気屋さんがプレート取付中
Kawa7204
書斎からの見返しです。
Kawa7205
京唐紙を貼る床の間周り

「もやい」が設計・監理する「住まい」は基本的に工業生産品を極力使わない様にしていますので、入荷して取付で終了?という訳には行きませんので、職人さん達は手間をかけながら「本来持っている職人さんの力」を発揮してもらう仕様にしています。
Kawa7220
キッチンの天板を研ぎ出しにかかった左官屋さんの親方
Kawa7221
ペーパーで研ぎ、砥石で研ぎ、又砥石で研ぐ
手が抜けません!
Kawa7222
手で肌合いを確かめながら砥石でセッセと研ぎます。
Kawa72222
仕上がって来た研ぎ出しの天板
Kawa7223_2
昔の学校の手洗い場の様な洗面流し
ここも左官屋さんの研ぎ出し仕事を待っています。

従って現場は大変です。
・・・が完成すれば工業製品と違い「奥行きのある仕上げ」が可能になり「肌合い・風合い」が良いのです。
Kawa7224
小壁を塗る左官屋さん!
Kawa7225
ほぼ全ての壁が左官仕事!
天井も左官仕事です!
沢山ありますよ!

左官屋さん、塗装屋さん、木製建具屋さん、襖屋さん
後少し!お客様の笑顔を思い踏ん張りましょう!

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングUPあと少し!ポチッとクリックして下さい。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

LIMIAの「もやい」コーナー

houzzの「もやい」のコーナー

土の美容室

  • 025
    明石市大久保で設計・監理した「土をふんだんに使った美容室です。」 ・・・工事中の写真はブログ・・・ 「土をふんだんにつかう美容室・・・現場報告:1~11 でご覧ください!

木と漆喰の美容室

  • 011
    店舗シリーズ第3弾! 「木と漆喰の美容室」 ・・・le ciel bleu hair・・・ JR明石市大久保駅南西にあります。

美容室「ナチュレビス」

  • 001
    オーナーの若い方が好む雑貨屋さんのイメージと言う要望で。 大久保のルシエルブルーの系列店です。

やき菓子専門店「やきラボ」

  • 023
    明石大久保にオープンした、やき菓子専門店「やきラボ」さん オーナーは辻菓子専門学校フランスリヨン校を卒業されて修業された方です。 安全・安心な「地産地消のお菓子作り」を目指しておられます。

うどん割烹「はな喜」

  • 032
    JR西明石駅北側・国道2号線沿いに1月に開店したお店です。 オーナーシェフは、京都祇園の割烹店で修業された方です。 気軽に割烹を楽しんで下さい!・・・と・・・ ナチュラルな感じの店内に仕上げました。

ピッツリア ベアトリーチェ

  • 045
    明石・朝霧にオープンしたピザ屋さん「ピッツリア ベアトリーチェ」 オーナーシェフはイタリアからピザ窯を取り寄せた本格的なピザ屋さんです。 内部は、無垢材と漆喰でナチュラルで明るい空間に仕上げて、くつろげる店内となっています。

中華菜「華吉・・・ハナキ・・・」

  • 029
    明石・大久保でオープンした「自然素材を使った空間の中華店」です。 落ち着いた店内で美味しい広東料理が自慢です。 ・・・明石・大久保で本格的な中華菜店ですので、一度ご来店ください・・・

讃岐うどん「へんろ」

  • 023
    神戸市西区・西神ニュータウンの商業施設に開店した、「讃岐うどん・へんろ」さん。 数寄屋風の店内で、落ち着いて「美味しい讃岐うどん」を頂けます。

麺屋「七つ星」明石・魚の棚

  • 025
    明石・魚の棚商店街にオープンした「麺屋 七つ星」さん 自家製麺に拘り、豚骨ベースで魚介スープもあるラーメン屋さん。 店内は、シンプルに無垢材で仕上げています。

美容室「clover」

  • 003
    山陽電車・林崎・松江海岸駅前にオープンした美容室です。 キッズコーナーもある「ゆったりした」美容室です。

美容室「un mira」

  • 011
    明石市大道町に2月14日・バレンタインデイにオープンした美容室です。 白を基調に仕上げています。

海鮮丼・播州丼丸

  • 008
    姫路・花田にオープンした、テイクアウト専門の海鮮丼「播州丼丸」さん。 ワンコインの海鮮丼屋さんです。

くつろぎダイニング「まろや」

  • 016
    「もやい」から西に車で15分 山陽電車・播磨町駅前にオープンした「くつろぎダイんニング・まろや」さん 畳敷きの部屋でゆっくり食事出来ます。 「月の移ろい」がお店の顔」です。

こむぎ堂

  • 001
    明石大久保駅前にオープンした、天然酵母のパン屋さん「こむぎ堂」さん

エバーグリーン(アロマサロン)

  • 013
    神戸・垂水のアロマサロンevergreenさん! 山小屋の様な・・・というお客様の要望で・・・

手造りアクセサリー・ねこのて工房

  • 019
    明石・大久保駅前の商店街に2月22日(ねこの日)にオープンした 手造りアクセサリーのお店です。 漫画家でもあるオーナーが拘ったアクセサリーを作っておられます。

せなお鍼灸整骨院

  • 019
    「土・漆喰・無垢の木」を使った鍼灸整骨院

鳥羽ゆり整骨院

  • 006
    明石の鳥羽の農家住宅を整骨院として再活用しました。

ビューティサロン「lien」

  • 002
    神戸市西区にオープンしたビューティサロン「lien」

パンカフェ「はなよさく」

  • 028
    明石・大久保の天然酵母を使ったパン屋さん! イートインコーナーもあります。

ピザハウス「シュモーネ」

  • 025
    明石大久保駅前のナポリピザ窯で焼くピザハウス「シュモーネ」 オーナーシェフの好きな色「ブルー」を基調にしたお店です。

和の小住宅

  • ジェームス山の親子の家

日本人と日本文化

  • 司馬遼太郎・ドナルドキーン対談集

建築はほほえむ

  • 松山巌

新日本様式への挑戦

  • 新日本様式への挑戦

映画「千利休」

  • 「千利休」 勅使河原宏監督・赤瀬川源平脚本

永六輔さんの本

  • 親と子

最近のトラックバック