「和田山の数寄屋」・・・外部

  • 037
    30坪の裏千家茶道の空間をもつ「数寄屋建築」 大きな甍屋根と低い軒 瀟洒な佇まいの建築です。

「和田山の数寄屋」・・・茶事空間玄関他

  • 024
    30坪の裏千家茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 茶事空間の玄関・水屋・茶懐石用のキッチンなど。

「和田山の数寄屋」・・・小間(四畳半茶室)

  • 023
    30坪の裏千家茶道の茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 メインの四畳半小間の茶室です。 裏千家今日庵の「又隠」をイメージして造り込んでいます。 落ち着いた茶室になりました。

「和田山の数寄屋」・・・広間

  • 018
    30坪の裏千家茶道の茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 8畳台目の広間です。 炉を3か所切っており、色々なお手前に対応出来る様になっています。

「和田山の数寄屋」・・・露地

  • 038
    30坪の裏千家茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 茶室にアプローチする露地です。

「和田山の数寄屋」・・・住宅部分

  • 032
    30坪の裏千家茶道の茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 オーナーの住宅エリアです。

「和田山の数寄屋」・・・茶会の様子

  • 028
    30坪の裏千家茶道の茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 そこで行われた「茶会」の様子です。

高砂の家

  • 057
    建て替えた「高砂の家」 書をされている建築主のご希望に沿った「和のデザイン」の家となりました。

姫路の家

  • 035
    野趣ある中庭を囲んだ家(母屋・息子さんの家「姫路の家・2」・娘さんの家「姫路の家」) シンプルな和風の家が出来あがりました。

姫路の家・2

  • 0007
    野趣ある中庭を囲んだ「姫路の家・2」と「姫路の家」

明石大久保山手の家

  • 038
    明石大久保山手に造った「土と漆喰・自然素材」で造った大開口のデッキのある「心地よい住まい」です。

小野の平屋

  • 006
    2200㎡(≒660坪)の土地に平屋建ての家 緑に囲まれたワンルーム形式の住まいです。

姫路の庭

  • 047
    門・車庫・塀・東屋・アプローチ・造園工事をした「姫路の庭」 大きなギンモクセイを活かして計画しました。 野趣に富んだ良い庭が出来あがりました。

稲美町の庭

  • 010
    稲美町の裏千家茶道を教えておられる先生のアプローチを 既存の石、蹲を使ってリノベーションしました。 ・・・素敵な露地が完成しました。

奈良・桜井市の明治の古民家

  • 071
    奈良・桜井市の明治の古民家を体験型ギャラリーとしてリノベーションしました。 明治時代に建てられた大きな古民家です。 明日香村にも近く、長閑な地域に位置しています。 海外の方を含めて、日本の文化を体験出来るギャラリーとして再活用されます。

加古川の平屋リノベーション

  • 001
    奥様の実家の平屋をリノベーションしました。 昭和50年代に増築された2階建部分を減築して、明るく風通しの良い「住まい」です。 今迄の履歴をなるべく残しながら、使える建具などを再活用しています。 今は製造されていない「明石瓦・塩焼き瓦」を葺いた屋根は、なるべく残しています。 お客様には「見違えます」と大変喜んで頂いています。

古民家リノベーション

  • 0290
    「もやい」建築事務所が担当した「古民家」のリノベーションの 作品の一部です。 時を経て、良い素材で建てられた「古民家」と出会う事は、楽しいものです。 そんな「古民家」が、新しく生まれ変わり、引き継いで行けたらと 考えながら仕事をしています。

兵庫の古民家「あさの水車」

  • 051
    神戸市兵庫区六甲山麓に建つ昭和初期の古民家を 「あさの水車」として再生しました。 現在は「古民家のカフェギャラリー」として再活用しています。

伊保の古民家再生

  • 0075
    築80年の兵庫県高砂市伊保町の古民家を再生しました。

姫路の古民家再生

  • 037
    お客様のお父様の生家を(かなり傷んでいましたが・・・)再生利用しようと言う事になり、基礎補強・軸組み補強をしながら再生しました。

民家リノベーション

  • 0629
    「もやい」が設計・監理した「民家のリノベーション」の実例です。 ここでは、主に「1950年代以降の民家」を紹介しています。 それ以前は「古民家リノベーション」をご覧ください。

播磨町の民家リノベーション

  • 044
    昭和50年代の平屋の民家のリノベーション 内部の大部分の壁・天井・床の解体をご夫婦がセルフで行い、コストダウンを計りました。 4人家族の「住まい」です。

小野の民家リノベーション

  • 003
    小野市の民家をフルリノベーションした事例です。 階段を掛け替え、水回りを変えた親子4人の「住まい」です。

神戸垂水マンションリノベーション

  • 047
    神戸市・垂水区の古いマンションをリノベーションしました。 キッチン等の水回りを大幅に変更して、無垢材・漆喰・珪藻土で仕上げました。 シンプルで気持ちの良い室内空間になりました。

押部谷の民家

  • 002
    神戸市西区押部谷で平屋の民家を若いご夫婦の「住まい」としてリノベーションしました。 ローコストを追求したリノベーションです。

小さな工事いろいろ例

  • Zatu097
    「もやい」が今まで培ってきた、自然素材、無垢材、土、健康、環境、心地よいものを、テーマにどんな小さな内容でも、相談や工事を承ります。 価格の透明性を大切にして、考えています。 ご気軽にご相談ください。

もやいの「介護・バリアフリー」関係

  • 014
    「もやい」が担当した「介護やバリアフリー」・「高齢者施設」に関するコーナーです。 ・・・手摺・段差解消などから高齢者施設の工事までを紹介しています。

もやいの作品・1

  • 0008
    もやい建築事務所の作品を紹介しています。       詳しくは、おススメサイトの「もやい建築事務所」 のホームページをご覧下さい。

もやいの作品・2

  • 044
    もやい建築事務所の作品を紹介しています。

土の作品:1

  • 016
    「もやい」が製作している「土の作品」をご紹介します。

土の作品:2 建築にまつわるもの

  • 0006
    作品:2では、土の建築にまつわる作品を集めています。 土と建築のつながりをご覧ください。
無料ブログはココログ

カテゴリー「歴史」の6件の記事

2013年9月24日 (火)

古い町並みの中の?・・・大木???・・・

お客様からリノベーションの相談を受けている「兵庫の平屋」

お伺いする道中・・・見事な自転車の走り!
赤信号でこちらが止まっている間に・・・信号無視で追い付き先へ・・・
結構、長い距離を並走したいました。・・・自転車の方は汗ダクでしたが・・・

Hyoyama9190
見るからに飛ばしていそうでしょう!

打合せ時間よりすこし早く到着したので、廻り道をしながらお伺いしました。
神戸の兵庫区の古い家が残っている地域です。

狭い坂道をウロウロと!

Hyoyama9191


・・・そして突然現れた大木!にビックリ!
道幅1M強の所に・・・

Ego9191
民家を威圧するように!

Ego9192
蛸の足の状の根っこです。

Ego9193

樹齢100年は超える「エゴノキ」の大木!

・・・しばし見とれていました・・・

かなり選定はされていますが、見事です!

Ego9194

・・・土地の記憶をしっかり残している場所でした!
大切にして欲しいですね!

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングをUPしてあげようと思う方はここをクリックして下さい。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2013年7月14日 (日)

天空の城跡・・・竹田城・・・

兵庫県朝来市の天空の城跡として、観光スポットとして注目を浴びている竹田城跡に行って来ました。

Take749

和田山の計画地の下見に行った後夕方に立ち寄って来ました。


生憎、この日は雨が降ったり止んだり・・・ドシャ降りになったりと不安定な空模様でしたが・・・

10数年前に来た時よりも、一段と有名になった様で平日にも拘わらず駐車場は結構一杯!

団体客も・・・

登る時には雨も上がり、霧が出ていたので・・・もしや幻想的かも?・・・と思いながら大手門跡を目指して・・・

Take741
大手門跡から始めて・・・

Take742

Take743

Take745

Take746
石垣を築くには・・・マンパワーの凄さ・・・室町時代か・・・

Take747

Take748
向かいの山には桜を植えて花見とか・・・壮大ですね!

Take7410

天守から降りる階段に女性達(ハイヒール気味の靴)・・・苦戦中でした・・・

残念ながら幻想的ではありませんでしたが・・・眺望はご覧の通りです。

霧に囲まれた城壁・・・このシーンは簡単には見れる訳ではありませんね!

Take7411
オカトラノオも群生しています。
野草も楽しめました。

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングをUPしてあげようと思う方はここをクリックして下さい。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2012年7月21日 (土)

姫路の骨董市・・・毎月第二日曜日・・・

毎月第二日曜日に開催されている姫路・御着の骨董市。

Himekoto782

近所の奥様に教えて頂き出かけて来ました。
ホームセンターの跡地を利用した市ですので、駐車スペースはふんだんにあり便利です。

Himekoto783

今まで京都の東寺の弘法さん(毎月21日)と北野天満宮の天神さん(毎月25日)にはよく出かけていましたが、姫路も結構良いのです。

Himekoto781

・・・何と言っても「姫路価格」は魅力的!
京都より断然安い!
Himekoto784
ホタル入れのカゴ・・・真っ暗な中でホタルのあかり!
・・・風流以外の何物でも無い感じ・・・
Himekoto785
広島から来られている店・・・硝子品は綺麗だった!
・・・値段も良い!・・・weep

Himekoto789
硝子店の主人

Himekoto786
煤だけもあり!

Himekoto787
見ていて飽きないですよ。

今回は硝子と筆入れを中心に見て回りました。

Himekoto788_2
気に入ったものを並べて・・・悩んで・・・

・・・悩みましたね!・・・値段ともの!・・・

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
ランキングをUPしてあげようと思う方はここをクリックして下さい。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2010年9月16日 (木)

世界遺産「姫路城」の平成の大修理

世界遺産に登録されている木造建築の姫路城の大部分が工事用の足場で覆われいました。
平成の大修理の為の足場です。

Himejyo1
足場に覆われつつある「姫路城」

姫路の観光資源の最重要ポイントである為に、工事期間中の観光客の集客の為に工事の見学が出来るようにエレべーターを設置したりして工夫されているようです。

高齢者施設の打ち合わせの帰りに近くを通りかかったので車の中から写真を取りました。
白鷺城とも言われる姫路城はやはり木造!
鉄筋コンクリートで再現した城と違い外観も内部に入っても、やはり優しい感じがします。

一度は工事期間中のお城の見学も良いかもしれませんね!

さて高齢者施設ですが浴室の特殊リフトの設置工事をしていました。
水圧で昇降するシステムを採用している為に安全です。
Himekea0_2
デイコーナー

Himekea1_3
特殊浴槽のリフトの設置

Himekea3
先日「もやい」がお持ちしたブリザードフラワーの飾りも置いておられましたので、ラッピングを取った状態写真を撮ってきました。

2010年9月 3日 (金)

広島「鞆の浦」の江戸時代の屋並み

広島シリーズ最終版です。
「鞆の浦」の江戸時代の面影が残っている屋並みです。
猛暑の中「テクテク」とタオルを首に巻き主だった通り、路地裏をくまなく回ってみました。

通りに面した軒先は低く、落ち着いた表情をしています。
通りの感じは中山道の「妻籠宿」の雰囲気も・・・
同じ時代にですから、当たり前なのかも知れませんが・・・
Tomo1
街の入口には教科書的な近代建築の福山支所
Tomo2_2
水辺の処理

その中で印象深いのは海とのつながりの手法です。
江戸時代からの護岸が残っているのですが、石段を水辺まで組んでいて「本当に水と近い・水と暮らしている」という方法で接しています。
Tomo3
現在の海岸線や岸壁を見ると護岸されていて、切り立ったコンクリート用壁が「ストン」と落ちていますが、そうではなく、石段に座り海を本当に近くに感じます。
Tomo4
シンボル的な常夜灯

Tomo5
船の係留にも情緒があります。

・・・あの安藤忠雄も大阪のサントリーミュージアムを設計した時に護岸を管理する国土交通省と水辺をめぐる処理では「喧々諤々」論議したそうですですが、「鞆の浦」には良い見本があります。
実に水辺を生活に密着した手法で処理しています。
Tomo6
通りは「妻籠宿」の雰囲気も・・・
屋並み写真が続きます。
Tomo7_2

Tomo8




Tomo9

Tomo10

Tomo11
船道具屋さんの店構え
Tomo12
欅で造られた滑車

もうひとつは「船道具屋」さんです。
女性の当主に「すまいや船道具・建物」のお話を伺ってきました。
現在も使われている跳ね上げ式の「シトミ戸」や「店の敷居」を取り外す事が出来る「江戸時代のバリアーフリー」の工夫
仕事が実に丁寧で「ものが少ない中工夫」されています。
Tomo13
敷居がある状態
Tomo14
敷居が外れるように細工されています。
見事!道路とフラットに!
Tomo15
でも利用されなくて廃屋に・・・
Tomo16

町全体を望む

路地裏もくまなく散策していると、「引き屋」して基礎構造を補強する為に「ジャッキアップ」している現場もありました。
Hikiya2
私にとっては、大変見応えのある町でした。

2010年8月25日 (水)

旧「山陽道」を歩く・・・江戸時代の街並み・・・

前回に続き広島シリーズです。
福山市の北の辺という所・・・戸時代の山陽道の街並みが残るところです

福山市から福塩線に乗って15分余りで行ける所です。
福山城は現在は駅の北側にありますが、もともとは神辺に位置していましたが、江戸時代に戦をする為の城である為に、現在の地に幕府の命令で移転したとの事でした。

駅から山陽道に沿って「猛暑」の中「テクテク」と・・・
通りには古い民家が建ち並んでいます。
まずは「神辺本陣」を見学!

Kannabe1
私的な所有ですが、外部は解放されています。
九州の黒田藩の宿泊地になっていたようです。
Kannabe2

県の文化財にしてされていますが、1000坪の敷地と建物を維持するのは大変な事の様で、内部はかなり傷んでいるようです。
Kannabe3

地元のボランティアの方が案内してくれましたが、中々補修もままならない現状を説明されていました。
Kannabe6_2
玄関脇の樹齢450年の百日紅

街並みを見ながら「管茶山」の屋敷跡・・・私塾から藩校になった建物を見に行きました。
Kannabe4_2
ここも1000坪・・・管茶山の家系の方が住んでおられますが、今は一人住まいされているとの事でした。
・・・ここも維持管理が大変だろうな!と見ていると、ここでも地元のボランティアの方に案内して頂きました。
・・・建物の前も地元の方で10年前から整備しておられるとの事でかなり整備が行き届いていました。

江戸中期に全国から管茶山を慕い塾生が集まったようです。
Kannabe5_2
ここの座敷に付随した縁側は管茶山自らデザインしたとの説明を受けて見てみると、桂離宮の月光台をイメージさせる竹を使って「可愛く」設えられています。
江戸時代のデザインが、一向に色褪せていなく。現在でも充分通用する工夫がなされている事に驚きでした。

当時の管茶山の「こだわり」が見てとれます。
手間暇かけたものは「時を超えて生きる」ものなのですね。

Kannabe7
沿道に残る民家
Kannabe8
道路に張り出した格子のベランダ?状の設え
Kannabe9
酒屋さん
Kannabe10
外壁の漆喰補修中の民家

最後にボランティアの方に冷たいコーヒーを出して頂き街のお話をして頂きました。

その時に、町並みの民家の1階の軒の高さが「少し高い」様に思いますが質問したら「にっこり笑って」そうですよ!
以前は夫々の家が後1.5mぐらい庇が深かったのですが「バスを通す為」に切ってしまった!???
今はバスも通らず「もったいない事をしましたわ!」と嘆いておられました。
一時の便利さと引き換えに、変わってしまった「本来の屋並み」・・・考えられました・・・

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

LIMIAの「もやい」コーナー

houzzの「もやい」のコーナー

土の美容室

  • 025
    明石市大久保で設計・監理した「土をふんだんに使った美容室です。」 ・・・工事中の写真はブログ・・・ 「土をふんだんにつかう美容室・・・現場報告:1~11 でご覧ください!

木と漆喰の美容室

  • 011
    店舗シリーズ第3弾! 「木と漆喰の美容室」 ・・・le ciel bleu hair・・・ JR明石市大久保駅南西にあります。

美容室「ナチュレビス」

  • 001
    オーナーの若い方が好む雑貨屋さんのイメージと言う要望で。 大久保のルシエルブルーの系列店です。

やき菓子専門店「やきラボ」

  • 023
    明石大久保にオープンした、やき菓子専門店「やきラボ」さん オーナーは辻菓子専門学校フランスリヨン校を卒業されて修業された方です。 安全・安心な「地産地消のお菓子作り」を目指しておられます。

うどん割烹「はな喜」

  • 032
    JR西明石駅北側・国道2号線沿いに1月に開店したお店です。 オーナーシェフは、京都祇園の割烹店で修業された方です。 気軽に割烹を楽しんで下さい!・・・と・・・ ナチュラルな感じの店内に仕上げました。

ピッツリア ベアトリーチェ

  • 045
    明石・朝霧にオープンしたピザ屋さん「ピッツリア ベアトリーチェ」 オーナーシェフはイタリアからピザ窯を取り寄せた本格的なピザ屋さんです。 内部は、無垢材と漆喰でナチュラルで明るい空間に仕上げて、くつろげる店内となっています。

中華菜「華吉・・・ハナキ・・・」

  • 029
    明石・大久保でオープンした「自然素材を使った空間の中華店」です。 落ち着いた店内で美味しい広東料理が自慢です。 ・・・明石・大久保で本格的な中華菜店ですので、一度ご来店ください・・・

讃岐うどん「へんろ」

  • 023
    神戸市西区・西神ニュータウンの商業施設に開店した、「讃岐うどん・へんろ」さん。 数寄屋風の店内で、落ち着いて「美味しい讃岐うどん」を頂けます。

麺屋「七つ星」明石・魚の棚

  • 025
    明石・魚の棚商店街にオープンした「麺屋 七つ星」さん 自家製麺に拘り、豚骨ベースで魚介スープもあるラーメン屋さん。 店内は、シンプルに無垢材で仕上げています。

美容室「clover」

  • 003
    山陽電車・林崎・松江海岸駅前にオープンした美容室です。 キッズコーナーもある「ゆったりした」美容室です。

美容室「un mira」

  • 011
    明石市大道町に2月14日・バレンタインデイにオープンした美容室です。 白を基調に仕上げています。

海鮮丼・播州丼丸

  • 008
    姫路・花田にオープンした、テイクアウト専門の海鮮丼「播州丼丸」さん。 ワンコインの海鮮丼屋さんです。

くつろぎダイニング「まろや」

  • 016
    「もやい」から西に車で15分 山陽電車・播磨町駅前にオープンした「くつろぎダイんニング・まろや」さん 畳敷きの部屋でゆっくり食事出来ます。 「月の移ろい」がお店の顔」です。

こむぎ堂

  • 001
    明石大久保駅前にオープンした、天然酵母のパン屋さん「こむぎ堂」さん

エバーグリーン(アロマサロン)

  • 013
    神戸・垂水のアロマサロンevergreenさん! 山小屋の様な・・・というお客様の要望で・・・

手造りアクセサリー・ねこのて工房

  • 019
    明石・大久保駅前の商店街に2月22日(ねこの日)にオープンした 手造りアクセサリーのお店です。 漫画家でもあるオーナーが拘ったアクセサリーを作っておられます。

せなお鍼灸整骨院

  • 019
    「土・漆喰・無垢の木」を使った鍼灸整骨院

鳥羽ゆり整骨院

  • 006
    明石の鳥羽の農家住宅を整骨院として再活用しました。

ビューティサロン「lien」

  • 002
    神戸市西区にオープンしたビューティサロン「lien」

パンカフェ「はなよさく」

  • 028
    明石・大久保の天然酵母を使ったパン屋さん! イートインコーナーもあります。

ピザハウス「シュモーネ」

  • 025
    明石大久保駅前のナポリピザ窯で焼くピザハウス「シュモーネ」 オーナーシェフの好きな色「ブルー」を基調にしたお店です。

和の小住宅

  • ジェームス山の親子の家

日本人と日本文化

  • 司馬遼太郎・ドナルドキーン対談集

建築はほほえむ

  • 松山巌

新日本様式への挑戦

  • 新日本様式への挑戦

映画「千利休」

  • 「千利休」 勅使河原宏監督・赤瀬川源平脚本

永六輔さんの本

  • 親と子

最近のトラックバック