「和田山の数寄屋」・・・外部

  • 037
    30坪の裏千家茶道の空間をもつ「数寄屋建築」 大きな甍屋根と低い軒 瀟洒な佇まいの建築です。

「和田山の数寄屋」・・・茶事空間玄関他

  • 024
    30坪の裏千家茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 茶事空間の玄関・水屋・茶懐石用のキッチンなど。

「和田山の数寄屋」・・・小間(四畳半茶室)

  • 023
    30坪の裏千家茶道の茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 メインの四畳半小間の茶室です。 裏千家今日庵の「又隠」をイメージして造り込んでいます。 落ち着いた茶室になりました。

「和田山の数寄屋」・・・広間

  • 018
    30坪の裏千家茶道の茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 8畳台目の広間です。 炉を3か所切っており、色々なお手前に対応出来る様になっています。

「和田山の数寄屋」・・・露地

  • 038
    30坪の裏千家茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 茶室にアプローチする露地です。

「和田山の数寄屋」・・・住宅部分

  • 032
    30坪の裏千家茶道の茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 オーナーの住宅エリアです。

「和田山の数寄屋」・・・茶会の様子

  • 028
    30坪の裏千家茶道の茶事空間をもつ「和田山の数寄屋」 そこで行われた「茶会」の様子です。

加古川の二世代住宅にリノベーション

  • 005
    加古川の住宅に息子さんが家族が帰ってこられる為に 二世代住宅にリノベーションしました。 1階の夫々の玄関と親世帯の部屋 息子さん家族のLDKと水回り 2階は息子さん家族の個室にフルリノベーションしました。 北側に少しだけ、水回り関係を増築して、整備しています。 玄関内の土間で、行き来出来、本当に独立性がありながら スープの冷めない関係性を持たせた計画です。

高砂の家

  • 057
    建て替えた「高砂の家」 書をされている建築主のご希望に沿った「和のデザイン」の家となりました。

姫路の家

  • 035
    野趣ある中庭を囲んだ家(母屋・息子さんの家「姫路の家・2」・娘さんの家「姫路の家」) シンプルな和風の家が出来あがりました。

姫路の家・2

  • 0007
    野趣ある中庭を囲んだ「姫路の家・2」と「姫路の家」

明石大久保山手の家

  • 038
    明石大久保山手に造った「土と漆喰・自然素材」で造った大開口のデッキのある「心地よい住まい」です。

もやいの作品・1

  • 0008
    もやい建築事務所の作品を紹介しています。       詳しくは、おススメサイトの「もやい建築事務所」 のホームページをご覧下さい。

もやいの作品・2

  • 044
    もやい建築事務所の作品を紹介しています。

小野の平屋

  • 006
    2200㎡(≒660坪)の土地に平屋建ての家 緑に囲まれたワンルーム形式の住まいです。

姫路の庭

  • 047
    門・車庫・塀・東屋・アプローチ・造園工事をした「姫路の庭」 大きなギンモクセイを活かして計画しました。 野趣に富んだ良い庭が出来あがりました。

稲美町の庭

  • 010
    稲美町の裏千家茶道を教えておられる先生のアプローチを 既存の石、蹲を使ってリノベーションしました。 ・・・素敵な露地が完成しました。

奈良・桜井市の明治の古民家

  • 071
    奈良・桜井市の明治の古民家を体験型ギャラリーとしてリノベーションしました。 明治時代に建てられた大きな古民家です。 明日香村にも近く、長閑な地域に位置しています。 海外の方を含めて、日本の文化を体験出来るギャラリーとして再活用されます。

古民家リノベーション

  • 0290
    「もやい」建築事務所が担当した「古民家」のリノベーションの 作品の一部です。 時を経て、良い素材で建てられた「古民家」と出会う事は、楽しいものです。 そんな「古民家」が、新しく生まれ変わり、引き継いで行けたらと 考えながら仕事をしています。

兵庫の古民家「あさの水車」

  • 051
    神戸市兵庫区六甲山麓に建つ昭和初期の古民家を 「あさの水車」として再生しました。 現在は「古民家のカフェギャラリー」として再活用しています。

伊保の古民家再生

  • 0075
    築80年の兵庫県高砂市伊保町の古民家を再生しました。

姫路の古民家再生

  • 037
    お客様のお父様の生家を(かなり傷んでいましたが・・・)再生利用しようと言う事になり、基礎補強・軸組み補強をしながら再生しました。

民家リノベーション

  • 0629
    「もやい」が設計・監理した「民家のリノベーション」の実例です。 ここでは、主に「1950年代以降の民家」を紹介しています。 それ以前は「古民家リノベーション」をご覧ください。

播磨町の民家リノベーション

  • 044
    昭和50年代の平屋の民家のリノベーション 内部の大部分の壁・天井・床の解体をご夫婦がセルフで行い、コストダウンを計りました。 4人家族の「住まい」です。

小野の民家リノベーション

  • 003
    小野市の民家をフルリノベーションした事例です。 階段を掛け替え、水回りを変えた親子4人の「住まい」です。

神戸垂水マンションリノベーション

  • 047
    神戸市・垂水区の古いマンションをリノベーションしました。 キッチン等の水回りを大幅に変更して、無垢材・漆喰・珪藻土で仕上げました。 シンプルで気持ちの良い室内空間になりました。

押部谷の民家

  • 002
    神戸市西区押部谷で平屋の民家を若いご夫婦の「住まい」としてリノベーションしました。 ローコストを追求したリノベーションです。

土の作品:1

  • 016
    「もやい」が製作している「土の作品」をご紹介します。

土の作品:2 建築にまつわるもの

  • 0006
    作品:2では、土の建築にまつわる作品を集めています。 土と建築のつながりをご覧ください。

小さな工事いろいろ例

  • Zatu097
    「もやい」が今まで培ってきた、自然素材、無垢材、土、健康、環境、心地よいものを、テーマにどんな小さな内容でも、相談や工事を承ります。 価格の透明性を大切にして、考えています。 ご気軽にご相談ください。

もやいの「介護・バリアフリー」関係

  • 014
    「もやい」が担当した「介護やバリアフリー」・「高齢者施設」に関するコーナーです。 ・・・手摺・段差解消などから高齢者施設の工事までを紹介しています。
無料ブログはココログ

カテゴリー「土」の95件の記事

2024年4月19日 (金)

時が作る壁・・・左官の蛍壁

時の経過が建築の仕上げに重みを増してくれる仕上げがあります。

「もやい」のテーマでもある「土」の壁

酸化鉄を聚楽壁に練り込み塗って、錆が時の経過と共にポッと出て蛍が光っているような感じの壁で

Hotaru202442


「蛍壁」・「錆壁」とも呼ばれます。

京都の寺院や町屋には良く使われています。

Hotaru20244
左京区の詩仙堂や曼殊院などにもあります。

数寄屋建築にも用いる仕上げの手法です。

「和田山の数寄屋」の露地の外腰掛の壁にも用いています。

Man8151

曼殊院へのアプローチ

Man8152
本堂前の庭園

Man8158
釘隠しは七宝焼き

Man8157
庭園
Man8155

Man8154


Man81512

Man81513

Man81510

目的の茶室・・・八窓席

Man81511_20240408102901

黒い壁は聚楽土にイカ墨を混ぜた壁

蛍壁・・・時が作る壁・・・良いものです。

Hotaru202441

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

和風建築 - ブログ村ハッシュタグ
#数寄屋建築

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/2aegvcag91jn



2024年3月14日 (木)

事務所の入り口の叩き土間風仕上げ

明石の蔵付古民家が拠点の「もやい建築事務所」

事務所の入り口は叩き土間風で仕上げています。

Jimu202438

道路際・・・痛んできているな!

Jimumae202431

下は蔵の入り口

Jimumae2024311

10年以上経つと少しずつ劣化して来ますね。

特に良く歩く道路の舗装際は、仕上げも厚さも薄くて剥がれてきているのですが。

ココはそのうちに補修しようと思っていますが・・・

新幹線の高架が南側を通ったいて、結構な振動があります。

今回、角の部分が少し欠けて剥離してしまい、そこで補修しました。

Jimumae2024314

ココが欠けて剥離

Jimumae2024313

欠けた土を再活用して

Jimumae2024312
剥離した欠けを・・・叩いて粉にして接着剤で捏ねて補修!

これ以上剥離が無い様にと・・・


「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

和風建築 - ブログ村ハッシュタグ
#数寄屋建築

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/2aegvcag91jn



2023年12月18日 (月)

「土」の風合い・ディテール:床編

「もやい」のテーマの柱「土」

「土」は希少で高価なものもありますが、どこにでもある「土」
3_20231211151501
その「土」の風合い・肌合い・・・ディテールで床周りの仕上げ編です。
Tuti9142
真砂土と小石の洗い出し

古くからある「たたき土間」・・・土(主に真砂土)石灰・苦りを混合して「三和土」叩きです。

和風・数寄屋・古民家ともに良く使います。

Fu7_20231211151601
叩き土間・地層仕上げ・洗い出しのアプローチ

Turume-8
叩き土間・・・古民家の玄関

Kif_3042_20231211151601
縁側土間のたたき風仕上げ

0018_20231211151601
赤い土の叩き土間


Sioniwa-3
広い庭の土舗装

C-6
美容室の入り口のたたき風土間と版築

Saya4-7

実に様々な使い方・表情を楽しめる「もやい」のアイテムです。

66

・・・これを実践してくれる左官屋さんは実に少ないのが残念ですが・・・



「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

和風建築 - ブログ村ハッシュタグ
#数寄屋建築

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/2aegvcag91jn



2023年9月 9日 (土)

魅力的な素材・・・泥の団子

明石の蔵付古民家が活動の拠点「もやい建築事務所」

30年前に京都丹後天橋立近くのフィールドで出会った

この時の感動は今でも忘れる事が出来ません。
1_20230908113101

土のテーブル・・・磨いた土が本当に魅力的

アッ!という出会いでした。

泥団子の土留め

11_20230908112901
・・・そこから「土」の]魅力について研究を始めました。

淡路島の左官屋さん・・・久住章さんや当時イナックスの土の研究所の石田さん・早稲田の建築科をでて土や環境を考えた建築を目指していた人達!

その出会いが「もやい」の価値観を大きく変えてくれました。

シックハウス症候群が問題になる前の時!

「もやい」の設計図書に現れたドイツの自然塗料オスモを使うという表記に当時の工務店・建設会社は????という感じでした。

その中でも「土の団子=泥団子」は素晴らしい魅力的な私を引き付けた素材でした。
Dango10_20230908113001

ご存じ泥団子

Dscn4517
泥団子を作る

121dango_20230908112901

泥団子の壁

5_20230908112901

少しだけ柔らかい泥団子を重ねて固定して、感想を待ちます。

124dango_kabe

出来上がった泥団子の壁

3_20230908112901

土ばかりで仕上げた

壁も土(うねった雑木の壁・床も土・そして天井も土

1_20230908112901
土のテーブル・版築・たたき土間→自然素材・国産木材と裾野が広がっていった設計活動の始まりでした。


「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

和風建築 - ブログ村ハッシュタグ
#数寄屋建築

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/2aegvcag91jn



2023年7月31日 (月)

「土」の表情

明石の蔵付古民家が拠点の「もやい建築事務所」

自然素材の住まいづくりが大きなテーマです。

寄屋建築・和風建築・古民家・民家のリノベーションも柱で活動しています。

その中の要素「土」
Sakannwaza-2_20230730115201

Wa8282_20230730112901

「土」は色々な表情を見せてくれます。

主に左官職人さんの範疇の仕事です。
Sakannwaza-6_20230730112901
繊細な聚楽の壁

どこにでもある土・昔から使われている土・普通にホームセンターで売られている土・特殊で建材屋さんでしか売っていない土

と様々な種類があります。

20k入りの土が安いもので500円前後から特殊で貴重な土は20、000円と幅が広い。

又、自分で山で採取する事(但し所有者の同意が必要ですが)も出来ます。
0018
叩き土間の赤い土は姫路の山から採取
3_20230730114201

和風・数寄屋の聚楽壁の繊細な塗り壁、古民家などで使われている荒壁や中塗り土
Ootani0008-2
聚楽の壁・・・優しい表情

仕上げも、なで切り、搔き落し、金鏝押さえ、大津磨きなどの磨きと様々です。
Haine-3

Yama184

泥団子を作り積んだ壁
Biyocpura-3
版築とたたき土間の美容院
Haine-2
櫛引の壁
Tuki-2_20230730112901
掻き落しの壁
Huu5
白土と濃紺の水捏ねの壁
Dscf0002
地層仕上げの壁
Biyocpura-1

C-5

土の磨きの床
5_20230730112901
版築
61_20230730112901
竹と土の小屋・・・ワークショップ
Nisi81314_20230730112901
土に鉄分を入れたホタル壁
Tuki-2_20230730112901
月を形どった壁

うねる壁とたたき土間
Hai1
浅黄色の大津磨きの壁
Tanitv3_20230730114101
黄土の磨きの月
0121
土の搔き落しの外壁に映る紅葉の影
Nisijima-2
を理解して、そのの機能や表情を考えて使う事が必要です。


「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

和風建築 - ブログ村ハッシュタグ
#数寄屋建築

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/2aegvcag91jn



2023年7月27日 (木)

陶板作品が割れた・・・依頼を受けて修復

知り合いのギャラリーから陶板の作品が落して割れてしまった・・・

と連絡があり、相談を受けて・・・

「土」関係の事ならと「もやい」にと・・・

2層になっている陶板が大きく割れています。
2023720_20230724110001 

20237202_20230724110001

これは、結構大変な補強と修理

重量もあるし、最終は壁に掛けたいという希望もあるし

強度も必要

20237203_20230724110001

さてさて・・・と思い・・・

そう!地球科学技術研修所の土を固める技術の応用すれば!と思い相談しました。

一番裏にベニヤの裏打ちをして、特殊な下地材で1層目をつないで補強
2023720_20230724110001

20237204_20230724110001
最終的には上の作品も・・・繋ぎ合わせて完了です。

Syuuhuku

割れたところは分かりますが、それも良いかな!という事で!


「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

和風建築 - ブログ村ハッシュタグ
#数寄屋建築

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/2aegvcag91jn


2023年2月 4日 (土)

土を見る・・・ある小屋の壁

明石の蔵付古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」

51105_20230202221301


「土」も大きなテーマのです。

・・・どこにでもある「土」・・・そこに引かれて、いろんな仕上げを研究し、

左官屋さんにも相談しながら、使える場所で使ってきました。

・・・その中で・・・印象に残っている「土」

Kakatuti-1

車で良く現場に通っている時に、道路際の小屋の壁の土・・・

実に綺麗で、いつも良いな!と思っていました。

Kakatuti-2

この小屋が気にかかって、いつも眺めて通り過ぎていましたが、

一度、車を止めて観察
Kakatuti-3

やはり、綺麗だ!近くで見ても・・・


Kakatuti-4

・・・小屋なので、この周辺の「土」だろうと思いながら・・・

山の頂上で・・・それらしき「土」を見つけて・・・

それは小屋発見から・・・多分10年近くたっていたと思います。

そこで・・・その山に採取に行ってきました。

3_20230202220201

山の持ち主を調べて、許可を得て採取しました。

4_20230204105001
版築のサンプルを作りましたが・・・

只、その時には使いませんでしたが・・・

それから2年後に、その「土」を分けてもらい「たたき土間」に使いました。

玄関からホール→通り土間へと

Isinotukai-8
気を付ければ、良い素材に出会うものです。



「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村


和風建築 - ブログ村ハッシュタグ
#数寄屋建築

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/2aegvcag91jn



2022年10月31日 (月)

土の塗り見本・・・左官屋さん

計画中の「土の塗り見本」左官屋さんに作って頂きました。
Itosanpuru4
塗り見本・・・色々と!
土の塗り壁見本・・・・肌合いが優しく良い感じです。
Itosanpuru8
鉄の様なイメージの漆喰のグレーとたたき風土間と宝殿の石の洗い出し
Itosanpuru7
叩き土間・たたき風土間・漆喰・鉄の様な風合いを持った漆喰・宝殿の砕石の洗い出し・・・等々
Itosanpuru3
上の右・・・宝殿の石の洗い出し
  左・・・鉄の様な肌合い仕上げ
Itosanpuru1
上・・・聚楽土の微塵スサを入れた仕上げ・・・細かいひび割れが美しい

Hibituti
宝殿の石の砕石・・・右が細かいもので、使いたいもの
Itosanpuru0
上は宝殿の石の

砕石で、右は小粒
これを洗い出しに・・・きっとかなり難しい!と思い依頼しました。

Itosanpuru6
洗い残して仕上げて下さい!・・・という要望にも応えて頂いた見本

良いな!・・・とうっとり!
この雰囲気・・・柔らかい肌合いです。
Isiarai1


Itosanpuru5
いづれも、お客様と「もやい」からの要望です。

中々、力作の左官屋さんの見本です。

技術も情熱も感じる左官職人さんです。


少しは調整がありますが、基本はOKですね!・・・とお客様も満足です。



「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/2aegvcag91jn


2022年10月 2日 (日)

土の壁シリーズ・・・蛍壁

明石の蔵付古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」

自然素材・和風建築・数寄屋建築・古民家・民家のリノベーション・土をテーマ設計活動をしています。

今回は「土壁」の中の一つの仕上げ「蛍壁」・・・別名「錆壁」とも言われる壁です。
Architecture_73_20220926101601
名前の由来は土壁の中にポツポツと蛍が飛んでいるように見える事から名づけられた壁です。
20210115_2316748
土に酸化鉄を入れて練って使う訳ですから、その量・練り方・塗り方により様々な表情が現われます。

直ぐには分からなく、土の中の鉄分が錆びて出てくる模様です。
Cex6jyzxiaarpst
結構目立つ蛍壁ですね。
F0245124_20113039

知らない人が見れば・・・シミ・・・にしか見えないかも知れませんが。

実は手の込んだ経年変化で現れる土壁なのです。
Dsc_0046_20220926101601
京都摘み草料理旅館の美山荘
Dsc_0047_20220926101601
多分?これは一般的にはシミに見えるでしょうね!
Dsc_0049
私は好きな仕上げです。

和田屋の数寄屋の今は大人しい蛍壁・・・まだまだ経年変化します。
Nisi81314_20220926101601

「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/2aegvcag91jn


2022年9月22日 (木)

どこにでもある建築素材・・・土を考える

明石の蔵付古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」

自然素材・和風建築・数寄屋建築・古民家・民家のリノベーションをテーマに設計活動をしています。

その中でも「土」はメインのテーマかな!
Tikyukan1_20220913104401
土の素材

下は出石の酒屋さんの蔵

少し剥がれていても魅力があるのは、本物の素材だからです。
Izu6222_20220913104401
希少な京聚楽土や深草黄土などは別にして、どこでも手に入る素材です。
Wa8282_20220913104401
数寄屋の建築に使う土のサンプル
Pc120038_20220913104501
下は単純な泥団子の壁
5111_20220913104701
地層に仕上げた壁
Wa7816_20220913104801
桜色とグレーのサンプル・・・研ぎ出して磨いています。
Dsc_0113_20220913104401
このサンプルは20年以上前に作ったもの
Dsc_01131

Dsc_0114
土の磨き
Dsc_0115_20220913104401
工夫すれば・・・色々な表情を持った仕上げにする事が出来ますね。
Dsc_2142_20220913104401
田圃のひび割れと下は自分で磨いた「おもてなしの設え」の壁
Tutihibi1
・・・当然、それを扱う左官職人さんの技術と情熱が必要ですが。

いろんな表情を楽しめる・・・それが「土」です。


「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。
一日一度はここをクリックして下さいネ。

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/2aegvcag91jn


より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

「もやい」のインスタグラム

「もやい」のFBのページ

LIMIAの「もやい」コーナー

houzzの「もやい」のコーナー

土の美容室

  • 025
    明石市大久保で設計・監理した「土をふんだんに使った美容室です。」 ・・・工事中の写真はブログ・・・ 「土をふんだんにつかう美容室・・・現場報告:1~11 でご覧ください!

木と漆喰の美容室

  • 011
    店舗シリーズ第3弾! 「木と漆喰の美容室」 ・・・le ciel bleu hair・・・ JR明石市大久保駅南西にあります。

うどん割烹「はな喜」

  • 032
    JR西明石駅北側・国道2号線沿いに1月に開店したお店です。 オーナーシェフは、京都祇園の割烹店で修業された方です。 気軽に割烹を楽しんで下さい!・・・と・・・ ナチュラルな感じの店内に仕上げました。

讃岐うどん「へんろ」

  • 023
    神戸市西区・西神ニュータウンの商業施設に開店した、「讃岐うどん・へんろ」さん。 数寄屋風の店内で、落ち着いて「美味しい讃岐うどん」を頂けます。

美容室「ナチュレビス」

  • 001
    オーナーの若い方が好む雑貨屋さんのイメージと言う要望で。 大久保のルシエルブルーの系列店です。

やき菓子専門店「やきラボ」

  • 023
    明石大久保にオープンした、やき菓子専門店「やきラボ」さん オーナーは辻菓子専門学校フランスリヨン校を卒業されて修業された方です。 安全・安心な「地産地消のお菓子作り」を目指しておられます。

ピッツリア ベアトリーチェ

  • 045
    明石・朝霧にオープンしたピザ屋さん「ピッツリア ベアトリーチェ」 オーナーシェフはイタリアからピザ窯を取り寄せた本格的なピザ屋さんです。 内部は、無垢材と漆喰でナチュラルで明るい空間に仕上げて、くつろげる店内となっています。

中華菜「華吉・・・ハナキ・・・」

  • 029
    明石・大久保でオープンした「自然素材を使った空間の中華店」です。 落ち着いた店内で美味しい広東料理が自慢です。 ・・・明石・大久保で本格的な中華菜店ですので、一度ご来店ください・・・

麺屋「七つ星」明石・魚の棚

  • 025
    明石・魚の棚商店街にオープンした「麺屋 七つ星」さん 自家製麺に拘り、豚骨ベースで魚介スープもあるラーメン屋さん。 店内は、シンプルに無垢材で仕上げています。

美容室「clover」

  • 003
    山陽電車・林崎・松江海岸駅前にオープンした美容室です。 キッズコーナーもある「ゆったりした」美容室です。

美容室「un mira」

  • 011
    明石市大道町に2月14日・バレンタインデイにオープンした美容室です。 白を基調に仕上げています。

海鮮丼・播州丼丸

  • 008
    姫路・花田にオープンした、テイクアウト専門の海鮮丼「播州丼丸」さん。 ワンコインの海鮮丼屋さんです。

くつろぎダイニング「まろや」

  • 016
    「もやい」から西に車で15分 山陽電車・播磨町駅前にオープンした「くつろぎダイんニング・まろや」さん 畳敷きの部屋でゆっくり食事出来ます。 「月の移ろい」がお店の顔」です。

こむぎ堂

  • 001
    明石大久保駅前にオープンした、天然酵母のパン屋さん「こむぎ堂」さん

エバーグリーン(アロマサロン)

  • 013
    神戸・垂水のアロマサロンevergreenさん! 山小屋の様な・・・というお客様の要望で・・・

手造りアクセサリー・ねこのて工房

  • 019
    明石・大久保駅前の商店街に2月22日(ねこの日)にオープンした 手造りアクセサリーのお店です。 漫画家でもあるオーナーが拘ったアクセサリーを作っておられます。

せなお鍼灸整骨院

  • 019
    「土・漆喰・無垢の木」を使った鍼灸整骨院

鳥羽ゆり整骨院

  • 006
    明石の鳥羽の農家住宅を整骨院として再活用しました。

ビューティサロン「lien」

  • 002
    神戸市西区にオープンしたビューティサロン「lien」

パンカフェ「はなよさく」

  • 028
    明石・大久保の天然酵母を使ったパン屋さん! イートインコーナーもあります。

ピザハウス「シュモーネ」

  • 025
    明石大久保駅前のナポリピザ窯で焼くピザハウス「シュモーネ」 オーナーシェフの好きな色「ブルー」を基調にしたお店です。

「もやい建築事務所」が 紹介されている本・新聞・受賞等

  • もやい建築事務所が紹介されてる本・雑誌・新聞・受賞などです。

最近のトラックバック